やがわ整骨院

 お電話でのお問合せはこちら 

main_title
スポーツ障害とは
スポーツ障害の症状
疲労骨折
オスグッド
ランナー膝
野球肘
テニス肘
スポーツ障害とは
sec1_image
スポーツ障害とは、スポーツによる過度の負担が積み重なることが原因となり、痛みが慢性化した状態のことです。
症状の軽いものは運動時のみの痛む程度ですが、重度のものになると日常生活するうえでも困難を伴うようになります。
 
上へ
疲労骨折
sec2_image
疲労骨折の症状と処置方

通常の骨折と比較すると、運動時に強い痛みを感じる事が多く、静止時は痛みが軽いというのが特徴です。
目立った外傷がないにも関わらず、運動中に激しい痛みがある場合は注意する必要があります。

基本的には原因となる練習量を減らして、負担の軽いリハビリを継続していく事により徐々に回復していきます。
 
上へ
オスグッド
sec3_image
オスグッドの症状と処置方

膝の屈伸や正座などで痛みを感じます。
見た目では、炎症状態が少ないという特徴があります。
練習後等に、症状患部へのアイシングと大腿四頭筋のストレッチが特に有効的です。
但し、成長期が過ぎた後に発症した場合、症状によっては手術の可能性もあります。
 
上へ
ランナー膝
sec4_image
ランナー膝の症状と処置方

膝に激痛や運動痛、熱感等がありハムストリングスをストレッチしたり、膝を屈伸させると痛みが強くなる傾向があります。

痛みの軽減には練習後のアイシングやストレッチが有効です。
ただし、痛みが強く日常生活にまで支障が出るような場合は、無理をせず練習を休息しましょう。
 
上へ
野球肘
sec5_image
野球肘の症状と処置方

肘を曲げた時や伸ばし時、物を強く握った時に肘関節の内側に痛みが感じられます。
運動後のアイシングとストレッチを行うことで徐々に回復して行きます。
最近では、エルボーバンドを運動中に装着して、患部への負担を軽減するのも有効です。
 
上へ
テニス肘
sec6_image
テニス肘の症状と処置方

手関節の上げ下げや肘を動かした際に、肘関節の外側に痛みが生じます。
野球肘と同様に、運動後のアイシングやストレッチを行うことで症状が回復して行きます。
また、エルボーバンドを装着することも有効的です。
 
上へ

BLOG
BLOG

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 やがわ整骨院のご案内
 院長紹介
 交通事故治療
 交通事故の症状
 スポーツ障害・外傷
 スポーツ障害の症状
 スポーツ外傷の症状
 骨盤矯正
 料金案内
 よくあるご質問

やがわ整骨院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。