やがわ整骨院

 お電話でのお問合せはこちら 

main_title
スポーツ外傷とは
スポーツ外傷の症状
捻挫
骨折
脱臼
打撲
肉離れ
突き指
スポーツ外傷とは
sec1_image
スポーツ外傷とは、外部からの強い力が加わることによって、瞬時に生じる症状のことです。
つまり、スポーツ中に生じるケガのことをいいます。
 
上へ
捻挫
sec2_image
捻挫の症状と処置法

いわゆる関節内の損傷のことで、関節の可動域を超えるような力が加わることで靭帯が損傷します。

症状の程度により様々ですが、受傷直後に一気に腫れることは少なく、数時間後や翌日辺りになって腫れること多いといえます。
関節の運動痛の他にも、熱感や反痛などの症状があります。
重度のものになると、骨折をともなうようなケースもあります。

処置法として、受傷直後はRICE処理をして下さい。
RICEとは、Rest=安静、Icing=冷却、Compression=圧迫、Elevation=挙上のことをいいます。
症状がある程度回復してきたら、それに応じてリハビリを行っていきましょう。
 
上へ
骨折
sec3_image
骨折の症状と処置法

骨折の症状として、損傷部を動かした際に音が聞こえます。
骨折には、皮膚の内側での単純骨折と、折れた骨が皮膚を突き破り露出してしまっている複雑骨折の2種類があり、それぞれに治療法が異なります。
単純骨折の場合、ギブス等の保存療法で治療できるケースもありますが、複雑骨折の場合は、感染等の恐れがあるため手術する必要があります。
 
上へ
脱臼
sec4_image
脱臼の症状と処置法

脱臼は、他動的に動かすとバネのように元の位置に戻るのが特徴的です。
整復をして元の位置に戻せば痛み自体は軽くなります。
但し、脱臼の際に筋肉や靭帯、関節等を損傷しているので、痛みの軽減と共に放置すると、習慣性脱臼となってしまう可能性があるので、一定期間は固定するようにしてください。
 
上へ
打撲
sec5_image
打撲の症状と処置法

皮下出血、腫脹、痛みなどが見られる症状で、場合によっては患部に痺れを感じたり、運動時に激しい痛みを感じたりします。

受傷直後はRICE処置をして下さい。
徐々に症状が回復して来たら、それに応じて温熱療法やストレッチ等のリハビリを行いましょう。
但し、症状が強く思うように改善されない場合は、病院等でしっかりとした検査を受けましょう。
 
上へ
肉離れ
sec6_image
大腿四頭筋、ハムストリングス、ふくらはぎに発生しやすい症状です。
ダメージが大きいケースでは、損傷部に陥凹が見られます。

受傷直後はRICE処置が有効ですが、血腫を抑える為にアイシングと圧迫は非常に有効なので、しっかりと行って下さい。
症状が軽くなってきたら、治療法を温罨法に切り替えて、軽い負荷からのリハビリを開始して、徐々に運動レベルを上げていきましょう。
 
上へ
突き指
sec7_image
突き指の症状と処置法

腫脹、皮下出血、可動域制限がみられ、場合によっては患部に痺れを感じることもあります。

受傷直後はRICE処置をしましょう。
突き指は引っ張れば治るなどと言われることもありますが、かえって悪化させる可能性があるのでお勧めしません。
指の関節面に皮下出血がみられる場合、掌側板を損傷している可能性が考えられるので注意してください。
 
上へ

BLOG
BLOG

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 やがわ整骨院のご案内
 院長紹介
 交通事故治療
 交通事故の症状
 スポーツ障害・外傷
 スポーツ障害の症状
 スポーツ外傷の症状
 骨盤矯正
 料金案内
 よくあるご質問

やがわ整骨院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。